teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 日本100廃城

 投稿者:管理人 三宅 勝  投稿日:2011年 9月 3日(土)09時24分13秒
返信・引用 編集済
  > No.132[元記事へ]

余湖さんへのお返事です。

> ご無沙汰しています、余湖くんのホームページ管理人の余湖です。
>
>
> 今、私のページで城マニアの投票によって「日本100廃城」を選ぼうという企画をやっております。
>
> 「日本100名城」といえば日本城郭協会によって選定されたもので、かなりメジャーになっていますが、「あまりにも有名で観光地化された城ばかりだ」「どういう基準で選ばれたのかよく分からない」といった声も耳にします。
> そこで、城マニアによる投票によって、中世城郭を中心としたベスト100の廃城を選ぼうというのが、この趣旨です。
> 半年ほどかけて選定した後、選定された城を訪ねる際に持ち歩くのに便利な『日本100廃城ガイドブック』を刊行したいと思っております。
> よろしかったら、投票していただけないでしょうか。
> お願いいたします。
>
>
了解いたしました。城郭を考える、探求するという視点で考えて書き込ませていただきたいと思います

http://blogs.yahoo.co.jp/joukakutanbouki

 
 

日本100廃城

 投稿者:余湖  投稿日:2011年 9月 3日(土)06時25分55秒
返信・引用
  ご無沙汰しています、余湖くんのホームページ管理人の余湖です。


今、私のページで城マニアの投票によって「日本100廃城」を選ぼうという企画をやっております。

「日本100名城」といえば日本城郭協会によって選定されたもので、かなりメジャーになっていますが、「あまりにも有名で観光地化された城ばかりだ」「どういう基準で選ばれたのかよく分からない」といった声も耳にします。
そこで、城マニアによる投票によって、中世城郭を中心としたベスト100の廃城を選ぼうというのが、この趣旨です。
半年ほどかけて選定した後、選定された城を訪ねる際に持ち歩くのに便利な『日本100廃城ガイドブック』を刊行したいと思っております。
よろしかったら、投票していただけないでしょうか。
お願いいたします。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/1577/100rist.htm


 

『年報赤松氏研究』第4号を刊行しました。

 投稿者:赤松氏研究会メール  投稿日:2011年 2月15日(火)17時25分4秒
返信・引用
   恐れ入ります。少し宣伝させてください。『年報赤松氏研究』第4号(98ページ)が刊行されました。申込方法は、次の2種類になりますので、よろしくお願い申しあげます。なお、この機会にバックナンバー(3号のみ在庫あり)を同時にご購読いただけると幸いです。

【誌代+送料】
 誌代1,000円+送料180円=1,180円

【申込方法①/銀行振込】
 銀行振込で「年報赤松氏研究」購入希望の方は、私までメールをください<wdaimon■hotmail.com(■を@に変更してください)>。折り返し銀行の口座番号をお知らせします。振り込まれましたら、私までメールをいただけると幸いです。

【申込方法②/郵便小為替】
 申込に際しては、①必要な号数を記したメモ、②180円分の郵便切手+郵便小為替1,000円分を同封し、下記まで郵送しててください。

■送り先
 〒341-0037 埼玉県三郷市高州3-458-1-21 渡邊大門

【複数冊の購入】
 ①4号を2冊購入される場合は、誌代2,000円+送料290円となります。
 ②3号と4号を購入される場合は、誌代2,000円+送料290円となります。

 なお、上記以外で複数冊を購入される場合は、郵便料金が変わりますので、あらかじめご連絡をお願い申しあげます。

【『年報赤松氏研究』第4号(2011.3)目次】在庫あり

論 文
 中 脇  聖 戦国期一条氏の家領維持政策に見る福原荘と幡多荘
 畑  康 明 戦国期播磨国における「地域権力」の形成過程
          ―播磨国清水寺を通じてみた依藤氏を中心に―
 渡邊 大門 美作国後藤氏の権力構造
書評と紹介
 片山 正彦 大西泰正著『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』
 中村 直人 渡邊大門著『戦国史研究叢書7 戦国期赤松氏の研究』
文献目録
 渡邊 大門 赤松氏文献目録稿(2010年1月~12月分・補遺)

投稿規定・バックナンバー

【『年報赤松氏研究』第3号(2010.3)目次】在庫あり

論 文
 大西 泰正 宇喜多秀家と豊臣政権
 苅米 一志 明応五年備前国金岡県西大寺化縁疏并序の成立 ―龍澤天隠をめぐる人々と観音信仰―
 光成 準治 中・近世移行期における村落統治と法 ―備前・美作国を中心に―
 渡邊 大門 戦国期依藤氏の存在形態
研究動向
 片山 正彦 近年の宇喜多氏研究をめぐって
書 評
 森脇 崇文 濱田浩一郎『播磨 赤松一族』新人物往来社
文献目録
 渡邊 大門 赤松氏文献目録稿(2009年1月~12月分・補遺)
 

Re: お疲れ様でした

 投稿者:管理人 三宅 勝メール  投稿日:2011年 2月 3日(木)03時41分6秒
返信・引用
  > No.129[元記事へ]

佐吉さんへのお返事です。

根福寺城等おつかれさまでした
日本にはまだまだ多くの城が残されています
今後も素晴らしい城を見に行きましょう

http://www.joukaku.com/

 

お疲れ様でした

 投稿者:佐吉  投稿日:2011年 1月31日(月)01時47分56秒
返信・引用
  本日はお疲れ様でした。次回は2月11日で山崎城攻めですね!
あっ。それまでに来週には詳細決めて京都の夜にゆっくりと
呑んで遊ぶコース決めないと行けませんあぁ!

失礼。史跡めぐりをしてちゃーんと歴史を語らう会合を
京都の夜楽しみにしてます。春までに後2回ほどは行きましょう!

http://sengokuclub.com/

 

根福寺城見学会

 投稿者:管理人 三宅 勝メール  投稿日:2011年 1月27日(木)16時06分56秒
返信・引用 編集済
  1月30日に大阪府の根福寺城見学会を行います
行き先は根福寺城、烏帽子形城、千石堀城です
どなたでも参加できますので
ご参加をお待ちいたしております
詳細は→http://sengokuclub.com/cgi-bin/offbbs/read.cgi?no=55

http://www.joukaku.com/

 

Re: 素晴らしいサイト、及びブログですね

 投稿者:管理人 三宅 勝メール  投稿日:2011年 1月25日(火)08時22分53秒
返信・引用 編集済
  > No.126[元記事へ]

胡蝶蘭さんへのお返事です。

とても嬉しいコメント頂きありかとうございます。
ブログは私自身の視点で書かせていただいておりますが、お城を見ての感想は
各個人千差万別あると思われます。この人の意見が正しくこれが駄目だという考えは
私にはありません。最近は小難しく書いているブログ、サイトも多く増えましたが
それもそれで一つの訪城の意見ですが。私は「見てきました、良かったです」それもそれで
一つのお城の見方でよいと思われます。実は上記のような意見の方が私も行ってみようと
考える一因となるかもしれません。ブログの方は私個人の意見として見て頂ければと
考えております。各サイトやブログにおいても各種書籍や各種サイトの過去の訪城報告を
参考にするのは非常によい事だとおもいます(一字一句全て同じは問題はありますが・・)
それにおいてさらに良い記事が生まれると考えています。
私もそうですが新しくできたブログ、サイトも過去の老舗サイトの上にできるのですから
良いものができるのが当たり前という思いで過去の老舗サイト様のご苦労、
ご努力に目を通して訪れさせていただいております。
私自身それが一つの礼儀であると捉えております。最近は攻撃的な意見又は
無理やりオリジナリティを持たせるが如く書かれた小難しいブログ、サイトを見かけます。
そういったブログ、サイトには疑問を感じます。あくまで訪城のお手伝いをさせていただくのが
私達城郭サイトの使命と考えております。最終的に城に訪れていただいた方が
自分なりのご意見をお持ちいただくのが一番であります。
ブログ、サイトの更新の方も頑張りたいと思います。
是非とも今後もご意見賜りますようよろしくお願い致します。

http://www.joukaku.com/

 

素晴らしいサイト、及びブログですね

 投稿者:胡蝶蘭  投稿日:2011年 1月24日(月)05時27分16秒
返信・引用
  貴サイト及びブログ拝見致しました、胡蝶蘭と申します。昨今お城のホームページ及びブログは大変増えました、どれも変わり映えしない、また何れも同じ内容といったオリジナリティがない物が多い中、楽しんで拝見させていただけるのはわずかですが、貴サイトもそのわずかな楽しんで拝見させていただける中の一つです。とりわけ目を引いたのが戦国城郭記と申すのでしょうか、そのブログです、管理人様の独自の視点での城の捉え方が非常に面白いですね。「見てきました、良かったです」のような個人的な感想のブログが多い中で貴ブログはそういうのと比べても内容も濃いですし、違うな~と思いました。ただ惜しむべきは更新頻度でしょうか、もう少し頂けたらと思いました、それは管理人様のご都合もあると思われますので、勝手な私の戯言ですのでお気になさらないで下さい。今後も楽しみに拝見させていただきたいと思います  

謹賀新年

 投稿者:佐吉  投稿日:2011年 1月11日(火)21時46分9秒
返信・引用
  遅れましたが明けましておめでとう御座います。
本年も宜しくお願いいたします。

http://sengokuclub.com/

 

謹賀新年

 投稿者:城郭情報部管理人  投稿日:2011年 1月 1日(土)21時06分22秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
図書交換も是非ご利用下さい。
 

レンタル掲示板
/17