teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/173 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: Calend Mateの記念日と暦注について

 投稿者:K.Oka  投稿日:2015年 8月17日(月)00時47分48秒
  通報 編集済
  >記念日で、「カレンダーの日」が12月3日のはずが12月1日
ありがとうございます。早速修正をし、公開手続きを行いました。Vectorの都合で8月19日以降の公開になるかと思います。

今回の修正版のバージョン番号(version 2.30)は変更していませんが、exeファイルの内部バージョンは2.30.0.0→2.30.0.1としてあります。

>suchowanさんが研究しているものの、完全には分かっていないようです。
神吉だけではなく、大明の選日も微妙なようです。

>九坎、厭、厭対といった暦注
これらの選日につきましては、岡田芳朗先生他『暦を知る事典』に掲載されているものを用い、これらと神吉が重なったときは表示しないようにしています。

>それ以前の時代の具注暦に載っていたようで
具注暦は江戸時代まであったようですので、九坎、厭、厭対は江戸時代まで残っていたと考えられます。

>占い的な意味
『暦を知る事典』には、
>九坎は坎日ともいい、この日は、出行および種蒔き・蓋屋(屋根をふく)をすべきでないとする。
>厭は、厭日の略で、出行すべきでない日であるとされ、厭対は厭対日の略で、吉事および種蒔きをすべきでないとされる。
と書かれています。選日はWikipediaとおなじで、十二支を円に並べたときに、厭日の対面に厭対日が来るようになっています。

>江戸時代の仮名暦
『暦を知る事典』では、仮名暦だけに掲載されている暦注として天火、地火、赤舌、八専、黒日●が挙げられています。

下段につきましては、具注暦までは手を出さずに留めておきたいと思っています。また赤舌は、江戸時代の仮名暦には掲載されていないようですので採用を見合わせました。

8月21日(金)追記
Calend Mateの修正版をVectorで公開しました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/173 《前のページ | 次のページ》
/173